fn

image

注意
この投稿で紹介する情報は、メーカーより正式に発表された情報ではなく、正確でない可能性があります。
あらかじめご了承ください。


まもなくソニーモバイルより正式発表されるとみられている"Xperia XZ"と"Xperia X Compact"が話題になっていますが、そんな中、2017年2月のMWA 2017で発表されるかもしれない次世代(Snapdragon 830世代)のXperia"Xperia XV"と"Xperia XS"の情報がリークされました。

Xperia XZ/X Compactは正式発表されました:
Xperia XZ/X Compactは買い?特徴や変更点まとめ

ソース (画像引用元):
Review.ge - ექსკლუზივი: Sony-ს ახალი ფლაგმანური სმარტფონები Xperia XV და Xperia XS (グルジア語)
索尼旗艦新機Xperia XV大曝光 (中国語)

関連する投稿:
2017年発売予定の新型Xperia "G31XX" の存在が確認される

2017年、夏のXperiaはSnapdragon 830&4GB RAM構成?

ソースによると2017年2月に、少なくとも"Xperia XV"と"Xperia XS"の2機種がソニーモバイルより発表されるとのことです。

"Xperia XV"
2017年の夏モデルとして、日本でも発売される上位端末とみられます。
10nmプロセスで製造されたSnapdragon 830と4GBのRAM(メモリ)、USB Type-Cを備えた5.0インチ/フルHD端末で、Quick Charge 3.0にも対応している様子。

関連する投稿:
【次期SoC】Snapdragon 830では飛躍的な性能向上が期待できる?
"Snapdragon 835"は10nmプロセス製造、USB PD互換の急速充電技術を採用?

"Xperia XS"
こちらは4.6インチ/フルHD解像度のディスプレイを搭載した小型端末のようです。
14nmプロセスで製造されたSnapdragon 821と3GBのRAM、USB Type-Cと1900mAh(?)のバッテリーを備え、12MPのメイン/フロントカメラを搭載して、端末の薄さは4.6mm(?)、Quick Charge 3.0に対応するとのことです。

実機写真はなく、詳細なスペックや全体のデザインも不明ですが、レンダリング画像から正面のデザインは確認することができます。

公開された画像

image
リークされたレンダリング画像

ソース元では、こちらの画像が"Xperia XV"のものなのか"Xperia XS"のものなのかが説明されていませんが、Xperia X Performanceと比較してみると、スピーカーホールとディスプレイのサイズから、5.0インチモデルである"Xperia XV"のものである可能性が高そうです。

image
Xperia X Performanceと重ねてみました

画像の端末は、Xperia Xシリーズの特徴であるラウンドガラスを継承しているように見えますが、従来機より狭額縁になっており、横幅が大きく抑えられています。
縦幅も若干ながら抑えられており、全体的にX Performanceより小型化しているようです。
また、電源キーやボリュームキーの位置が変更されており、電源キーは端末側面より飛び出る形になっています。
指紋認証機能を搭載したZ5以降の電源キーは、端末側面の高さより低く、押しにくいという声が多かったので変更されたのでしょうか。
また、狭額縁なデザインであることから、側面の電源キーには指紋認証機能を搭載しない可能性もあります。
この場合、背面に指紋認証センサーを設けるか、超音波を利用したQualcommのSense IDを採用することになると思われますが、詳細は不明です。

Sense IDについての詳細:
Qualcomm、「Snapdragon 820」を正式発表

信頼性が高そうに見える

今回リークしたレンダリング画像は、非常に質が高いように見えます。
画像のはめ込みやガラスの光沢処理、筐体のサイズ感やスピーカーホール、メーカーロゴなど、至るところが作り込まれており、個人的には本物(社内からのリーク)だと判断しても良いように感じました。


またITmedia Mobileの記事

Xperia Xシリーズは3段階で展開していくのか?
という質問に対し、ソニーモバイルの野村泰晴氏は

最初にXをつけるという点は変わらないが、AとZの間にはいろいろなアルファベットがあり、今後そうしたモデルが登場する可能性はある。

との説明をしているため、"Xperia XV"や"Xperia XS"といったモデル名も、一定の信憑性があるように思えます。

しかし"Xperia XS"に関しては、電池容量が1900mAh、厚みが4.6mmと、信じがたい数値であることもあり、疑いがないわけではありません。
このあたりについては、今後の情報を待ちましょう。

2016/12/16追加:
新しいレンダリング画像がリークされました。

【Xperia】2017年モデルの新しいレンダリング画像がリーク。XZと同じ"tube"デザインを採用した新モデルも登場?

ソニーモバイルの新方針。ハイエンドなXシリーズは2種類?

まもなく発表されるとみられている2016年秋冬モデルのXperia、"Xperia XZ (F833X)"は、角のある四角いデザインが特徴的ですが、今回リークしたレンダリング画像の端末は、Xperia X Performanceのような丸い形となっています。

この流れを見ると

MWA (2月)で発表する端末は、"plate+human"デザインを基調とし、5.0インチディスプレイと新世代の上位SoCを搭載、大きくハードウェアを変更したハイエンドモデルimage



IFA (9月)で発表する端末は、"tube"デザインを基調とし、5.2インチディスプレイを搭載、基本的なスペック(チップセット類)は2月に発表したハイエンドモデルをベースに、カメラなどに改良を加えた"フラッグシップ"モデルimage

image


というようになるのかもしれません。
周期としては、アップルのiPhoneと似ているようですが、ソニーモバイルは半年に一度、フラッグシップも含めSnapdragon 800シリーズのSoCを搭載したハイエンド端末を投入する予定のようです。
過去に、"フラッグシップ"モデルの投入を一年周期に変更するとの話がありましたが、これはXperia XZ系のことを指していたのかもしれません。

Xperia Xシリーズは、最短でも2018年までは維持されるようですので、今後もしばらくは半年に一度、新モデルが発売されるのかもしれませんね。

関連する投稿:
Xperia XZ/X Compactは買い?特徴や変更点まとめ



製品情報ページ (画像引用元):
Sony Mobile Communications - Xperia X Performance (Global-En)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット