fn

image

9月1日に発表されたソニーモバイルの新型スマートフォン"Xperia XZ"/"Xperia X Compact"について、特徴や新機能、変更点などをまとめてみました。
購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

購入しました:
海外版 Xperia XZ 購入レビュー。新しくなったデザインを見てみる 【開封編】
海外版 Xperia XZ 購入レビュー。大幅な進化を遂げたカメラ機能を試す 【カメラ編】
海外版 Xperia XZ 購入レビュー。内蔵スピーカーなど公表されていない改善点も 【総評】


Xperia XZ

image
グローバル版型番:
F8331 (シングルSIM)
F8332 (デュアルSIM)


2016年後期のフラッグシップとして登場する上位端末です。
基本性能はXperia X Performanceと同等ですが、ディスプレイサイズが5.2インチとなり、カメラ機能を大きく強化、USB Type-Cポートをサポートしたのが主な特徴です。


スペック
OS:
Android 6.0 Marshmallow

ディスプレイ:
5.2インチ 1920×1080 (フルHD)

SoC:
Snapdragon 820 MSM8996
CPU:2.15GHz Kryo×4
GPU:Adreno 530


RAM (メモリ):
LPDDR4 3GB

ROM (ストレージ):
eMMC 32GB (F8331)/eMMC 64GB (F8332)

バッテリー容量:
2900mAh
バッテリー寿命の更なる向上 (満充電状態の時間を減らす等)

メインカメラ:
23MP
レーザーAFに対応
暗所でのAF性能が大幅に向上 (暗所で0.6秒)
5軸手ブレ補正に対応
4K動画撮影機能に再対応


フロントカメラ:
13MP

外部接続端子:
ヘッドホン接続端子
USB Type-C

Wi-Fi:
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

筐体サイズ:
高さ146mm/幅72mm/厚さ8.1mm
(Z5:高さ146mm/幅72mm/厚さ7.3mm)
(XP:高さ144mm/幅71mm/厚さ8.6mm)

質量:
161g
(Z5:154g)
(XP:165g)

生体認証:
指紋認証(本体右側面、電源キーに内蔵)

防水/防塵機能:
あり

カラー:
Forest Blue
Mineral Black
Platinum
(一部地域限定:Deep Pink)

筐体素材:
前面2.5Dラウンドガラス/側面樹脂/背面上部アルカレイド (アルミ)/背面下部樹脂

※Xperia X Performance比で改良された点を赤色で表示 (好みが別れるものは無視)
※スペックはグローバル版のものであり、日本で販売されるモデルとは異なることがあります。

詳細なスペック:
Developer World - Xperia XZ (公式)


Xperia X Compact

image
グローバル版型番:
F5321 (シングルSIM)


Xperia Z5 Compact以降、1年ぶりとなる新型Compactモデルです。
カメラ機能やメモリ容量などでXZと同等な性能を持ちますが、防水/防塵には非対応です。


スペック
OS:
Android 6.0 Marshmallow

ディスプレイ:
4.6インチ 1280×720 (HD)

SoC:
Snapdragon 650 MSM8956
CPU:1.8GHz Cortex A72×2 , 1.2GHz Cortex A53×4
GPU:Adreno 510


RAM (メモリ):
LPDDR3 3GB

ROM (ストレージ):
eMMC 32GB

バッテリー容量:
2700mAh

メインカメラ:
23MP
レーザーAFに対応
暗所でのAF性能が大幅に向上 (暗所で0.6秒)
5軸手ブレ補正に対応

4K動画撮影機能が削除

フロントカメラ:
5MP

外部接続端子:
ヘッドホン接続端子
USB Type-C

Wi-Fi:
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

筐体サイズ:
高さ129mm/幅65mm/厚さ9.5mm
(Z3C:高さ127mm/幅65mm/厚さ8.6mm)
(Z5C:高さ127mm/幅65mm/厚さ8.9mm)

質量:
135g
(Z3C:129g)
(Z5C:138g)

生体認証:
指紋認証(本体右側面、電源キーに内蔵)

防水/防塵機能:
なし

カラー:
Mist Blue
Universe Black
White

筐体素材:
前面2.5Dラウンドガラス/側面樹脂/背面樹脂

※Xperia Z5 Compact比で改良された点を赤色で表示、退化した点を青色で表示 (好みが別れるものは無視)
※スペックはグローバル版のものであり、日本で販売されるモデルとは異なることがあります。

詳細なスペック:
Developer World - Xperia X Compact


レーザーAF対応で暗所撮影性能が大きく向上 (XZ/X Compact)

image
撮影は3つのセンサーを使って行われる

F8331の実機写真がリークされた時から話題になっていましたが、Xperia XZ/X Compactでは新たにレーザーAFと呼ばれる、赤外線を使ったAF機能が採用されています。

image
XZ(下)とX Compact(上)

そのため、光の少ない場所でも正確、高速にピントを調整することが可能となります。

image
レーザーAFセンサー

また、従来機ではRGBの色情報をホワイトバランスの調整材料としていましたが、XZではさらにメインカメラ下部に搭載された"RGBC-IRセンサー"による情報も調整材料とするため、より正確なシーン認識が可能になります。
これにより、シーンの誤認識が起きにくく、より自然な色合いでの撮影が行いやすくなります。

image
RGBC-IRセンサー


スマートフォンでは世界初となる5軸手ブレ補正機能を採用 (XZ/X Compact)

Xperia XZ/X Compactでは、レーザーAFに加え、新たに5つの方向に応じた手ブレ補正が使用できるようになりました。
被写体に対する角度上下左右と回転の認識に加え、X,Y軸方向の移動も認識できるようになり、ズーム時やセルフィーなどで大きく効果を発揮します。

image
角度、回転の他にX,Y軸方向のブレを補正できるようになった


Xperia初のUSB Type-C採用端末 (XZ/X Compact)

image

Xperia XZ/X Compactは、Xperiaでは初となるUSB Type-Cポートを採用した端末です。
Type-Cはリバーシブルな接続端子であり、接続時に向きを気にする必要がありません。

関連する投稿:
【USB Type-C】スマートフォンの接続端子は次世代に!

これにより、充電時の手間は省けますが、従来規格(Type-A)の周辺機器を直接接続することはできなくなるため、注意が必要です。

また、Xperia XZのType-CポートはUSB 3.1をサポートせず、USB 2.0規格となっています。
Engadgetさんの記事によると、ソニーモバイルは

「USB 3.1対応のケーブルは太く取り回しが悪くなる。USB 3.1に対応することが必ずしもユーザーのためになるわけではないと判断した」

との説明をしたようですが、どのケーブル(USB 3.1/2.0)を使用するかはユーザーが選択できることであり、Xperia XZ/X CompactがUSB 3.1に対応しない理由にはなっていないように感じます。


デザイン (XZ)

image
端末上部と下部に採用されている"Loop surface"デザイン

前面には引き続き2.5Dのラウンドガラスを使用
image

前面には、Xperia X Performanceから引き続き、2.5Dのラウンドガラスが使用されています。
XZでは、左右のラウンドがより強くなっており、側面近くまでガラスが湾曲しています。

image
image
細かい部分だが、スピーカーの網や通知ランプの位置が変更されている

背面アルミ素材の変更
Xperia XZでは、X Performanceに引き続き、背面がメタル素材で構成されています。
しかし、素材はより上質な神戸製鋼のアルカレイドというアルミに変更されており、表面の輝度も上がっています。

image
image
image
image
バックパネルの輝度はかなり高くなっている

X Performanceの一部カラーで採用されていたヘアライン加工はXZでは採用されず、すべてのカラーで同処理となっているようです。

カラー
image
image
右からForest Blue,Platinum,Mineral Black

Xperia XZでは、従来機になかった青系のカラーが追加されており、目新しさがあります。
白色系ではPlatinumがありますが、X Performance同様シルバーとなっているので、白色が好きな方には悩ましいかもしれません。

"オムツ"がグローバル版でも
新しいアンテナ技術によって、背面が一枚板のアルミパネルになっていたグローバル版のXperia X Performanceから一転、日本で販売されるX Performanceには"オムツ"と呼ばれる樹脂パーツが埋め込まれ、グローバル版と国内キャリア版でデザイン面での差がありました。

後継機では改善されるかと思いきや、XZではグローバル版にも"オムツ"が追加されることとなってしまいました。

image

海外でも電波的な問題があったのか、国内ユーザーからの批判を避けるためなのかは不明ですが、電波感度はこのような形の方が有利であるかと思われるので、今回はアンテナ性能を優先したということでしょう。


デザイン (X Compact)

前面はXZ同様の2.5Dのラウンドガラスを使用
image

前面はXperia XZをそのままコンパクトにしたような形ですが、上側のベゼルが削られて高さが抑えられているのが特徴です。

背面は樹脂素材
image

背面パネルはX PerformanceやXZのようなメタル素材ではなく、樹脂で構成されています。
放熱性能や高級感、耐傷性といった面では、メタル素材の方が有利かと思われますが、NFCアンテナが背面に搭載できる点や、背面に別パーツが必要ない点では、樹脂素材の方が優れていると言えるでしょう。

image
image
NFCアンテナは背面下部に内蔵している

カラー
image
image
右からMist Blue,White,Universe Black

X Compactにも青系のカラーが存在しています。
XZ/X Compactどちらも青白黒の3色展開で、メインカラーはForest Blue (XZ),Mist Blue (X Compact)と、どちらも青系のようです。


Quick Charge 3.0に対応 (XZ/X Compact)

Xperia XZ/X CompactはXperiaでは初となるQualcomm Quick Charge 3.0対応端末です。
QC3.0は、QC2.0に比べて最大27%高速に充電することができる技術で、充電する時間が多く確保できない時などに効果を発揮します。

QC3.0の恩恵を受けるためには、対応するACアダプタとケーブルを用意する必要があるので注意が必要です。

2016/10/19追加:
購入後検証してみましたが、Xperia XZでは現状、QC3.0の恩恵は受けられないかもしれません。
海外版 Xperia XZ 購入レビュー。内蔵スピーカーなど公表されていない改善点も 【総評】


バッテリー制御機能が進化 (XZ/X Compact)

Xperia X Performanceでは、米Qnovo社のバッテリー制御技術を採用し、バッテリーの劣化を遅らせる機能が追加されました。
XZ/X Compactでは、これがさらに進化し、バッテリーが満充電状態である時間をできるだけ減らすようになっています。

リチウムイオンバッテリーは、満充電状態での放置で劣化が速くなるので、睡眠時など、電源に接続したまま放置するといったことは好ましくありません。

そこでXperia XZ/X Compactでは、就寝時に電源に接続しても、すぐには充電を完了させず、起床するタイミングに合わせて満充電を行うといった"Battery Care"技術が採用されています。
これにより、更にバッテリー寿命を延ばすことができ、長期使用にも耐えられるようになります。

この機能は無効にすることもでき、充電速度を重視した通常の充電も可能となっています。


防水/防塵には非対応 (X Compact)

Xperia XZはX Performanceに引き続き防水/防塵機能を備えていますが、X Compactは中級のXラインであることもあってか、防水/防塵機能を持ちません。
しかし、ソニーモバイルの担当者は"グローバル版では"との説明をしているようで、国内キャリアに投入される予定のX Compactには防水/防塵機能が備わっているのかもしれません。


Xperia XZ/X Compactは買いか?

Xperia Xシリーズの第2段として登場したXperia XZ/X Compactですが、Xperia X Performanceを見送り、後継機を待っていた人の中には、良いと思える人と、期待を裏切られた人とがばっさりと別れるのではないでしょうか。

ここでは、私が感じた気になる点を紹介します。
あくまで私の個人的な感想なので、読み流してくださると幸いです。

チップセットやメモリ容量に変更はない (XZ)
Xperia XZの基本的なスペックは、X Performanceと同等で、大きな変更はありません。

関連する投稿:
【新SoC】Snapdragon 820は期待してもいいのか
【次期SoC】Snapdragon 830では飛躍的な性能向上が期待できる?
"Snapdragon 835"は10nmプロセス製造、USB PD互換の急速充電技術を採用?

X Performanceの時点で、日常使用では十分な性能は備えており、またディスプレイの解像度もフルHDに据え置かれていることから、気にする必要はないのかもしれませんが、2016年のハイエンドスマートフォンでは、4GBの大容量メモリを内蔵する機種が多く、アプリケーションの同時利用やバックグラウンド処理などで、XZは有利とは言えないでしょう。

また、今後アップデートされるであろうAndroid 7.0 Nougatの主機能"マルチウィンドウ"では、メモリ容量が求められることはほぼ確実であり、消費電力が増えるとは言え、このタイミングで4GBのメモリを採用しなかったというのは少々残念に感じました。

メモリ容量は増えたが、SoCや防水/防塵機能が… (X Compact)
2013年に発売されたXperia Z1以降、Compactモデルのメモリ容量は、2GBで据え置かれていました。
X Compactでは、ついにメモリが3GBとなり、上位機種と同等の容量となりました。

ところが、SoCはハイエンド端末向けのSnapdragon 820ではなく、ミドルレンジ端末向けのSnapdragon 650となっています。

Snapdragon 650のCPU部は、性能的にはXperia Z5 Compactに搭載されていたSnapdragon 810に近く、また発熱も少ないことから、プラスチック筐体で小さいX Compactには最適なのかもしれません。

しかし、ハイエンドのチップセットを搭載したCompactモデルは非常に魅力的であり、上位機種にも引けを取らないZシリーズのCompactモデルは非常に好評でした。
必要十分な性能を備えたS650にもメリットはありますが、強力なGPUを内蔵し、次世代通信規格にも対応しているS820は、やはり魅力的です。

個人的には"XZ Compact"などとして、金属筐体のハイエンドコンパクトモデルも用意していただけたらなあと思いました。

また、防水/防塵機能を備えていない点も残念に感じます。
しかし、国内版では追加される可能性もありますので、キャリアからの正式発表が待ち遠しいですね。

2016/10/19追加:
ドコモより、Xperia X Compactが発表されました。
国内モデルであるSO-02Jは、防水/防塵機能を備えているようですが、筐体の構造は海外モデルと変わっていないようです。
つまり、海外版のX Compactも、事実上は防水/防塵機能を備えており、動作保証の有無による、表記上の違いがあるということのようです。


詳しくはこちら:
4.6型の「Xperia X Compact」、防水対応でドコモから発売 - ITmedia Mobile

より高速なUFS規格のストレージも採用せず (XZ/X Compact)
SamsungのGalaxyシリーズをはじめとして、最近のハイエンドスマートフォンを中心に広がっている、高速なUFS規格の内部ストレージですが、今回、XZ/X Compactには採用されませんでした。

関連する投稿:
【Xperia XZ】内部ストレージの製造元は東芝、サムスン電子、SK hynixの3社。読み書き速度にも差が

PCのHDDをSSDに交換すると、体感できるほど様々な処理が高速化するように、内部ストレージの速度は非常に重要な部分です。

何か理由があるのかもしれませんが、内部ストレージの高性能化が行われなかったのも、非常に残念な点です。

5.2/4.6インチというディスプレイサイズや新しいカメラ機能、デザイン、カラーに惹かれたのであれば購入すべき (XZ/X Compact)
Xperia XZ/X Compactで追加された、カメラ周りの2つのセンサーは、撮影性能の大幅な向上に貢献すると思われます。
また、3GBを超える大容量なメモリを必要とせず、5.2/4.6インチのサイズ感、特徴的な新デザイン、新カラーに魅力を感じたのであれば、購入しても後悔はしないでしょう。


2017年に発売されると思われる次期Xperiaは、Snapdragon 830や4GBのメモリなど、ハードウェア的に大きな性能向上が図られるとされていますが、デザインやディスプレイサイズはX Performanceと似たものに戻るようです。

image
先日リークしたソニーモバイル製未発表スマートフォンのレンダリング画像

関連する投稿:
2017年発売予定の新Xperiaがリーク!狭額縁5.0インチでSnapdragon 830を搭載

そのため、Xperia XZ/X Compactのデザインやディスプレイサイズを引き継いだ後継機は1年後、またはそれ以降になると考えられます。
ソニーモバイルは最近、チップセット以外の主なスペック(ディスプレイ解像度、メモリ容量、内部ストレージなど)は大きく変更せず、デザインや細かい部分の改善に取り組んでいるようなので、次を待っていても期待を裏切られる可能性が高いです。

ソニーモバイルがXperia Xシリーズを続ける限り、先進的な機能や、より高い性能を求める方は、他メーカーの端末を購入した方が満足できるかもしれませんね。



製品情報ページ (画像引用元):
Sony Mobile Communications - Xperia XZ
Sony Mobile Communications - Xperia X Compact
Meet the new Xperia XZ (YouTube)
Sony's Press Conference at IFA 2016 (YouTube)
Xperia XZ: the new flagship cameraphone (YouTube)
Up close with the Sony Xperia XZ's camera (YouTube)
Sony Xperia XZ Hands On at IFA 2016 (YouTube)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット