fn

image


新しい投稿:
【Type-C採用】Xperiaの未発表端末"F8331"の実機画像がリーク!

【新型】内部資料から2017年の次世代Xperiaについて考える

数日前に、ベンチマークサービス"GFXBench"のサイト上に、ソニーモバイル製とみられる未発表端末"F8331"の端末情報が現れました。

"F8331"は9月に開催されるIFA 2016にて正式に発表される可能性が高く、多くのガジェット関連情報サイトで記事になっています。

何が変わる?

現在明らかになっている"F8331"の基本スペックは、6月に発売済みのXperia X Performance (F8131)と比較して

ディスプレイサイズの変更
X Performance (F8131):5.0
未発表端末 (F8331):5.2

4K動画撮影機能の再搭載

ほどしか変更がなく、X Performanceの派生モデルという位置付けのようです。

image
ベンチマークサイトに登場した"F8331"の基本スペック
ここでは5.1インチとなっているが、GFXBenchではディスプレイサイズが実際より小さく表記されることが多い
(5.2インチのXperia Z4も5.1インチと表記されていた)


4Kディスプレイや4GBのRAMの搭載など、噂されているソニーモバイルの次世代端末というわけではなさそうですが、変更点が0.2インチのサイズアップのみというのも考えにくく、新機能の追加やデザイン変更が行われる可能性も十分にあるかと思います。

また、見逃せないのがディスプレイの解像度です。
GFXBench上では1920×1080 (フルHD)解像度となっていますが、これはあくまでソフトウェア上での解像度であるため、実機ではこれを上回る解像度のディスプレイが搭載されている可能性もあります。
実際に、2015年9月に発表されたXperia Z5 Premium(4K解像度のディスプレイを搭載)もGFXBench上では1920×1080表記になっており、"F8331"にZ5 Premiumと同じような解像度の制御機能が働いている場合、GFXBench上での解像度の表記は、実機のハードウェア解像度とは異なることになります。

しかし期待はしない方が良いでしょう。

そろそろすごいの出してください

XperiaはZ4以降、ほとんど変わらないその佇まいとスペックに、ユーザーの評価も厳しくなってきていました。
名前を"X"に変えた新シリーズのXperiaも、大きな特徴はなく、期待されていたようなものではありませんでした。

個人的には、そろそろ尖りまくって怪我するレベルの新製品も出していただきたいのですが、3GBのRAM、旧現世代規格のフラッシュストレージなど、長く変化のない部分を改善することも大切だと思います。

関連する投稿:
【新Xperia】Xperia X Performanceってどうなの?買っても良い?

早くSOV31捨てたい…

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット