fn

image


注意

今回紹介する機能は一部の端末を除き、Android 5.0 Lollipop以上のOSを搭載したAndroidスマートフォンで使用できるものです。
それ以外の端末では使用できない可能性が高いので、あらかじめご了承ください。


警告

この設定により、紛失/盗難時にスマートフォンのロックを解除されてしまう可能性があります。

スマートフォンに自宅の鍵を解除するスマートロック系のアプリケーション(Qrio Smart LockやAkerun等)をインストールしている場合、スマートフォンの紛失/盗難時に自宅に侵入されてしまう可能性があります。
それでもこの設定を行う場合、必ずApp Lock等のアプリケーションを使用して、スマートロック関連のアプリケーションを保護してください。

また、これらの事件/事故が発生した場合でも、当ブログは一切の責任を負いません。


みなさんはAndroid端末にパスコードやパターンロックをかけていますか?

端末の紛失時や盗難時の無断使用防止だけでなく知人や友人、家族に見られてしまうリスクも減らせるので、ロックをかけている人は多いと思います。
しかし、指紋認証機能のない端末ではパスコードやパターンによるロック解除を面倒くさく感じている人もいるのではないでしょうか。

そんなわけで今回は自宅(信頼できる場所)でのみAndroid端末のロックを無効にする方法についての投稿です。

Smart Lock

Smart Lockと聞くとどうしてもQrio Smart Lockが頭に浮かぶのですが、それとは別のものです。
Smart LockはAndroid 5.0 Lollipopから追加されたセキュリティ関連の機能で、これによってユーザーがより便利に、安全にAndroidスマートフォンを使用することができるようになります。

これから紹介する画像はXperia Z4 SOV31のものです。機種によって操作が異なる可能性があります。

設定からセキュリティ、Smart Lockと進みます。(機種によって操作が異なる場合があります)

設定方法

image

image


Smart Lockの設定項目から「信頼できる場所」をタップします。

image


「信頼できる場所を追加」をタップします。

image


スマートフォンの位置情報サービスが有効になっていると、現在地が表示されます。
自宅(またはスマートフォンのロックを無効にしたい場所)であることを確認し、「この場所を選択」をタップします。(現在地を設定したくない場合は、地図から手動で場所を選択します)

image


名前を入力します。(「自宅」等)

image


これで「信頼できる場所」への追加が完了しました。

「信頼できる場所」にいるときはロックされない

この設定をすると、「信頼できる場所」でスマートフォンのパスコード/パターン等のロックが無効になります。
毎回必要で面倒、時間のかかる操作なのでこれが省略できると楽ですよね。

しかし安全性の面で心配だと思う人もいるでしょう。
端末によって異なりますが、「信頼できる場所」にいても、簡単な操作で再び安全なパスコード/パターンロックを有効化させることができる端末が多いです。

Xperiaではロック画面下部のロック解除済みマークを長押しすることで再びロックを有効化することができます。

image


「信頼できる場所」を離れると自動でロックが有効化されますが、念のためこの操作を行っておくと安心ですね。

以上、Smart Lockによるスマートなロックの紹介でした(適当)

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット