fn

image


ついに明日…!
日本でXperia Z5が発売します。
今回は3キャリア同時発売となり、一気にレビューや評判等がアップされるでしょう。

日本では

NTTドコモ : SO-01H
au : SOV32
ソフトバンク : 501SO

の3機種が販売される予定です。
この3機種の違いは、対応バンドや背面のロゴ、プリインストールアプリケーション等で、性能やデザイン(ロゴを除く)に違いはありません。

明日発売!ということで今回はXperia Z5の新機能やデザイン、その他気になる点のおさらい投稿です。

新機能

従来のXperiaから変更された点についてです。

カメラ

これはXperia Z4からZ5への大きな変更点2つのうちの1つです。
Xperia ZシリーズではZ1以降、カメラモジュールの大きな変更はなく、細かい改良を加え続けることで高画質化がされていました。
Xperia Z5では新しく、23MP(2300万画素)のカメラを搭載し、今までのものより大きく進化しました。

~MPという数字がすべてではありませんが、Z5の特徴である5倍ズーム強力や手ぶれ補正はカメラの画素数向上が深く関係していると言っていいでしょう。

スマートフォンで最も速いオートフォーカス

【もうすぐ発売】Xperia Z5の実機を触ってきました

こちらの投稿でも書きましたが、オートフォーカスにかかる時間は0.03秒と爆速です。
これによってシャッターを押した時から実際にシャッターが切られるまでの時間が短くなり、ユーザーは撮りたい瞬間を撮りやすくなるでしょう。

カメラ使用時の発熱問題は

相変わらず4K撮影時の強制終了問題はあるようですが、Z4よりは改善されていると考えてよさそうです。
発熱するSoC(Snapdragon 810)に向けてヒートパイプが2本(今までは1本)通っており、放熱性能は向上していると言っていいでしょう。

指紋認証機能

こちらが大きな変更点2つ目です。
Xperia Z5は、Xperiaシリーズで初めて指紋認証機能を搭載した端末となりました。
指紋認証センサーは右側面の電源キーに内蔵されており、これに伴い電源キーも円形から楕円形に変更されました。

指紋認証の精度や速度

外国の動画(一部の国では既に販売を開始している)や外国から輸入した方のレビュー等を見ると、指紋認証にかかる速度はiPhone 6s並だそうです。
しかし、最近発表されたNexus 5X/6Pの指紋認証速度が非常に高速であり、これには敵わないようです。
常に6s並、なら問題ないでしょう。しかしSoCがSnapdragon 810であることを考えると、iPhoneと比べて速度に誤差が出やすい、つまり「いつもは速いけど、発熱すると遅い」ということが起こる可能性があります。
もちろん推測なので起こらない可能性が高いですが、同じSnapdragon 810を搭載したXperia Z4の動作を見ると心配になります。

精度ですが、手や指紋認証センサーが濡れていると認証できないようです。
これは他の端末でも言えることですが、Xperia Z5には防水機能があり、水に濡れた時のことを考えると少し残念ですね。まあ仕方ないでしょう。
通常の認証では特に認識しにくい、ということはなさそうです。

デザインの変更

Xperia Z5は、今までのオムニバランスデザインを引き継いでいるものの、デザイン面で大きな変更がありました。

フロストガラス

Xperia Z5の背面パネルはこれまでと同じガラス製ですが、表面の処理が変わっています。
Xperia Z以降、表裏両面のガラスパネルはツルツルとした指紋のつきやすい加工でしたが、Z5ではさらさらとした手触りの良い、「フロストガラス」となっています。
デザインの変更なので、賛否両論あると思いますが、私が触った時の印象はとても良かったです。
今までのものとは違った高級感があり、頬擦りしたくなるほど手触りが良かったです。
指紋や傷も付きにくく、より扱いやすくなりそうです。

四角い

Xperia Z5では、Z3やZ4のような側面に丸みを帯びたデザインを一新し、より角ばった、四角いデザインになりました。
実機にも触れましたが、持ちにくくなるようなことはありませんでした。
側面はXperia Z3のようにさらさらとした手触りです。
Z4で一度、金属部品の輝度を上げたのはなんだったのでしょうか。あまりにも変わらなすぎるから適当に変えとくかってことでしょうか。

側面のロゴ

今回から左側面下部に新しく「XPERIA」ロゴが追加されました。
そのためか、au向けのXperia Z5では背面から「XPERIA」ロゴがなくなり、「SONY」ロゴに変わっています。

image
側面の「XPERIA」ロゴ

音量ボタンの位置が下へ

Xperia Z5では指紋認証センサーのせいか、音量を調整する2つのボタンが下の方に移動しました。
操作性は悪くないようですが、誤操作してしまいそうですよね。
しかし、カメラのズーム時には使いやすい位置でもあるので、難しいところです。

ちょっと気になる点

画面周りに樹脂部品

Xperia Z2からZ3への変更点として、表面のガラスと側面の金属の間にあった樹脂がなくなったというものがありましたが(こちらのページに詳しく書かれている)、Z5では再びガラスと金属の間に樹脂を挟む構造に戻っています。
Z3の時に強度に問題はないとの説明をしていたソニーですが、なぜZ5で再び樹脂を挟むことにしたのでしょうか。

image
赤枠の部分に樹脂が挟まっていた

ちなみにXperia Z5 Premium/CompactではXperia Z3やZ4と同じように、表面のガラスと側面の金属(Xperia Z5 Compactは樹脂製)がぴったり合わさっています。
Z5 Compactは「側面が樹脂製だから」と言えますが、Z5 PremiumはZ3やZ4と同じ構造であるのにもかかわらず、Z5で樹脂を挟むというのは少し不自然に感じます。
いろいろと理由はあるのでしょうが、少し気になる部分ですね。

Snapdragon 810

正直書こうか迷いましたが、やはり気になります。
ヒートパイプが2本になったとはいえ、根本的な解決にはなっていないでしょう。
また、海外向けのものよりもSoCに負担がかかりやすい状態だと思うので(キャリアアプリケーション等)発熱…大丈夫ですかねぇ…

分厚く、重く

Xperia ZシリーズはZ1以降、Z2 Z3 Z4と薄く、軽くなっていきましたが、Z5はZ4よりも0.4mm厚く、10g重くなっています。
たった0.4mm、10gだと思う人もいるかと思いますが、スマートフォンにとっては大きな違いです。
これがどのように感じるか…気になります…

まとめ

こんな感じでしょうか。
とにかく発売が楽しみですね!

Xperia Z5 CompactやPremiumはまだ先ですが、新しいカメラやXperia史上初の指紋認証機能などを搭載するZ5シリーズを一番早く使いたい!という方は買うしかありませんね!うん!買うしかない!

以上、Xperia Z5の新機能、気になる点のおさらいでした。



製品情報ページ(画像引用元)
Sony Mobile Communications

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット